HOME>ホットトピックス>近年増加をしているストレス疾患の診断を受ける

どんな時に必要なのか

院内

一定の規模を持っている企業であれば産業医を派遣してもらったり、場合によっては常駐をしていることもあります。仕事が原因でうつ病を罹患してしまった場合など診断を受けて専門医を紹介してもらえるということもあります。

申し込み方法

医者と患者

産業医に相談を行って専門医を紹介してもらう場合、どのような流れになってくるのか知っておくとよいでしょう。企業によっても規定が異なっていることがあるので、事前に確認をしておくとよいです。そのほうがスムーズでしょう。

どんな場合に利用するのか

医者と看護師

産業医はどんな場合に利用をすることが多いのか、それも知っておくべきです。仕事のストレスを感じて、体調に異変が出てきた場合、仕事と体調不良との因果関係をはっきりさせる必要があります。産業医であれば、客観的に診断をしてくれるので、うつ病だと疑われる場合には専門医を紹介してくれます。体調の変化を感じた場合に相談をするという傾向が強くなってきているようです。

気になる費用

聴診器

産業医の診断を受けて、専門医の紹介を受けるというだけであれば費用が掛かることはほぼありません。企業側が配置をしなければいけないということもあるので、個人での負担はほぼない場合が多いでしょう。しかし企業の中には費用を請求されることもあります。