医者と看護師

メンタルヘルス対策に乗り出す企業が増加

個性を持った人間が集まる職場は、必ずしも和やかな雰囲気のところばかりとは限りません。中には人間関係でぎくしゃくしていたり、ノルマに追われて終始ピリピリした雰囲気になっているところも多いものです。そんな中で毎日を過ごせば、心身共に疲れてくる社員が出てきても不思議ではありません。そこで社内に産業医を常駐させ、悩みを抱えている社員に紹介する仕組みを整えている企業が増えてきています。メンタルヘルスケアの専門家として、産業医が求められる時代になっているのです。

安心して話ができる相手

産業医を常駐させている企業では、部下の体調が思わしくないと上司が判断した場合、産業医を紹介して相談に行くことをすすめています。職場では上下関係や同僚との競争など、複雑な要因が絡み合うため、誰にも相談できないというケースも珍しくありません。しかし産業医になら立場を気にせず相談できますし、解決策について話し合ってもらうことも可能です。仕事や人間関係に追いつめられる前に、産業医に話をして気持ちを整理することができるのも大きなメリットです。

従業員のストレスチェック

産業医は紹介されて相談にやってきた従業員に対して、仕事や職場環境についてのストレスチェックを実施します。これにより過重労働が課せられていないかや、劣悪な職場環境でないかなどを判断するのです。例えば疲れて休憩するスペースが汚れていたり、一休みするところもないとなると、心身に多大な影響を及ぼしかねません。さらには従業員が継続して仕事を続けられるかどうかについても、ストレスチェックによって判断することになります。

休職から職場復帰までを支援

産業医を紹介された人の中にはすでに心身の限界に達していることも多く、産業医は一旦職場を離れて休むことをすすめます。休職することで心と体の元気を取り戻し、再び職場復帰できるよう説得するのです。しかし中には様々な事情から休職を拒む人もいますが、メンタルヘルスチェックが危険を示していることを伝えて相談に乗ります。産業医は休職後の職場復帰の支援も行っていますので、休職者が出た職場についてはより厳しい環境改善に取り組みます。同じ職場で毎日仕事をしている人には、どこにどのような改善をすればいいか分からないのが実情でしょう。その点産業医は専門的な知識を持って職場環境を見ることができますので、問題点を探ることができます。まだストレスが軽いと思われる従業員に対しては対処法の指導を行ったり、重いと判断した場合は専門の医療機関を受診することも積極的にすすめています。

おすすめの産業医紹介サービス会社がわかるサイト【産業医総研】

産業医の紹介をしているおすすめの会社はこちらで見つけましょう。